お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝善寺 (石川県白山市) タブの木

<<   作成日時 : 2016/03/15 09:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

田畑の中に赤い屋根の本堂が建つ。
その本堂裏に一対のタブノキの古木が存在感を示している。
元は白山社跡地で、鳥居の木と推測される一対のタブノキではないかと
伝承されている。推定樹齢は400年といわれている。
東樹はもとは樹高16m、西樹は18mほど。村落樹林として代表的なタブノキが
田畑の中に残るのは珍しいとか。

(1)寺名:勝善寺(しょうぜんじ) (2)住所:石川県白山市竹松町70
(3)宗派:真宗大谷派 (4)開創:不詳 (5)本尊:阿弥陀如来
(6)その他
1)タブノキ2本:市指定天然記念物 推定樹齢400年

画像
                        本堂

画像
                       タブノキ

画像
                       タブノキ

画像


画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

勝善寺 (石川県白山市) タブの木 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる