お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 善通寺 (滋賀県大津市)

<<   作成日時 : 2016/03/01 09:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

樹齢300年以上といわれるイチョウが山門越しに目につく善通寺には、
朝鮮高麗王朝時代の<釈迦三尊像(画)>が伝わっている。
高麗王朝は936〜1392年の間続いた朝鮮統一王朝で、Koreaの語源
にもなった栄えた王朝である。
王朝は仏教を支援し仏教文化が栄えた中で、上記の釈迦三尊像も描かれて
いる。
これは、善通寺を開創した天台宗の善慶が持ちこんだといわれている。

善通寺は元三大師信仰のお寺としても知られている。

(1)寺名:善通寺(ぜんつうじ) (2)住所:滋賀県大津市京町2−1−16
(3)山号:円乗山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開山:善慶 (6)開創:1573年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)釈迦三尊像(画):市指定文化財 朝鮮高麗時代
2)イチョウ:市保存樹 推定樹齢300年以上

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                     元三大師堂(左)

画像
                       イチョウ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

善通寺 (滋賀県大津市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる