お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 恵光院 (和歌山県高野町高野山) 明智光秀の菩提寺

<<   作成日時 : 2016/02/06 10:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

828年神護寺(または東寺)で弘法大師空海から真言密教を学び灌頂を
受けた弟子・道昌は、弘法大師空海が五重宝塔を建てた地に廻向院を
開いたのが恵光院の始まりと伝えられている。
その後衰退したが、永禄年間(1558〜70年)初期に、薩摩の島津義弘
に寄って再興されている。
なお、義弘は朝鮮戦役の後1599年高野山奥の院に
<高麗陣敵味方戦死者供養碑>を建立している。
また、明智光秀の高野山菩提寺でもある。主菩提寺は大津市西教寺である。
島津義弘と明智光秀の墓は奥の院にある。

(1)寺名:恵光院(えこういん) (2)住所:和歌山県高野町高野山497
(3)宗派:高野山真言宗 高野山子院 宿坊
(4)開山:道昌 (5)開創:平安時代前期 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
参考
  高麗陣敵味方戦死者供養碑:国指定史跡 1599年

画像
                        山門

画像
                        玄関

画像
                        本堂

画像
                       毘沙門堂

画像
                     奥の院参道

画像
                     島津氏墓所

画像
                高麗陣敵味方戦死者供養碑

画像
                     明智光秀墓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

恵光院 (和歌山県高野町高野山) 明智光秀の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる