お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本誓寺 (石川県白山市)

<<   作成日時 : 2016/02/26 09:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

加賀藩には加賀八家と呼ばれる大名級の家老(年寄役)職制が
1686年設けられ、藩の最高決定機関となっていた。
筆頭家老・本多家(5万石)、長家(3万3千石)、横山家(3万石)、
長種系前田家(1万8千石)、村井家(1万6千5百石)、奥村宗家(1万3千石)、
奥村支家(1万2千石)、直之系前田家(1万1千石)の八家である。
その中の長家は能登を根拠にしていた。
明治時代になって、長家の広式門が本誓寺に移築されている。

本誓寺は養老年間(717〜724年)に開創されたと伝えられる古刹で、
親鸞聖人が1207年流罪で越後へ配流の折に聖人に帰依したといわれている。
多くの文化財が残っている。
その中に大般若経一巻があるが、これは712年の長屋王願経(和銅経)600巻
の1巻であり、現存220巻の1巻である。貴重な資料である。

(1)寺名:本誓寺(ほんせいじ) (2)住所:石川県白山市東一番町12
(3)山号:坂本山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:泰澄大師 (6)開創:717〜724年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)大般若経(長屋王願経)1巻:重要文化財 712年
2)三帖和讃並正信念仏偈4帖:県指定文化財 戦国時代
3)大門:市指定文化財 1800年
4)聖徳太子絵伝:市指定文化財 15世紀
  旅装聖徳太子像(画):市指定文化財 室町時代
  蓮如上人寿像(画):市指定文化財 室町時代
5)足利義氏書状:市指定文化財 13世紀
  他に多数の市指定文化財

画像
                        外観

画像
                        大門

画像
                        境内

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本誓寺 (石川県白山市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる