お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本久寺 (岡山県和気町)

<<   作成日時 : 2016/02/21 13:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

吉井川の西岸にある大王山(435m)山頂近くに密厳寺跡が残り、
町の史跡になっているが、この密厳寺は真言宗であった。
1581年当地の領主・宇喜多土佐守(忠家?)が日蓮宗への改宗を迫ったが、
受け入れられず密厳寺を破却し、和気町佐伯の小高い丘陵地に
本久寺を開いたといわれている。
この時、密厳寺の堂宇の一部を移して建てた本堂が現在の本堂といわれている。
境内に安置されている五重石塔や九重石塔も後年に密厳寺跡から
移している。
本久寺も江戸時代には岡山藩の迫害に遭っている。

本久寺から見下ろす吉井川の風景はこれよし。

(1)寺名:本久寺(ほんきゅうじ) (2)住所:岡山県和気町佐伯473
(3)山号:太王山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開基:宇喜多土佐守 (6)開創:1581年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)本堂:県指定文化財 1583年
2)五重石塔:県指定文化財 1324年
  九重石塔:県指定文化財 1322年
3)参考
  大王山密厳寺跡:町指定史跡

画像
                       吉井川

画像
                        山門

画像
                       九重石塔

画像
                        本堂

画像
                       九重石塔

画像
                        本堂

画像
                       本堂彫刻

画像
                       本堂蛙股

画像
                        本坊

画像
                       五重石塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本久寺 (岡山県和気町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる