お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長国寺 (岐阜県恵那市) 西行伝説

<<   作成日時 : 2016/02/16 10:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

平安時代末期の歌聖と呼ばれた西行は1140年出家後、各地を巡る
漂泊の旅に出て多くの和歌を残しており、また各地に西行伝説が残っている。
1186年東大寺再建の勧進行で奥羽や鎌倉を訪れている。
その帰り途次に、現在の恵那市中野に庵を結び3年間逗留し、そこで最期を
迎え長国寺で葬送され、中野坂(西行坂)に葬られた(西行塚)という伝承が
1614年書写の<長国寺縁起>に記されている。
西行は1190年大阪府弘川寺で最期を迎えたのが通説である。
西行塚は室町時代末期に建立されたと考えられ、江戸時代には中山道の
名所ともなり、芭蕉も訪れて句碑が残っている。

長国寺は702年長興寺として開創されたと伝えられるが、他にも説がある。
鎌倉時代初期の根津甚八ゆかりの寺でもあった。
1596年再興され曹洞宗長国寺となっている。

(1)寺名:長国寺(ちょうこくじ) (2)住所:岐阜県恵那市大井町1246
(3)山号:稲荷山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:行基 (6)開創:702年 (7)本尊:釈迦牟尼
1)関戸宝篋印塔:県指定文化財 鎌倉時代 根津甚八の供養塔
  長興寺跡出土五輪石塔台座:市指定文化財
2)仏涅槃図:市指定文化財 1671年
3)馬具:市指定文化財 江戸時代
4)参考
  西行塚:県指定史跡
  西行歌碑:待たれつる入相のかねの音す也あすもやあらばきかむとす
  芭蕉句碑:西行のわらじもかかれ松の露

画像
                       西行坂

画像
                    西行坂からの眺望

画像
                       西行塚

画像
                       西行歌碑

画像
                       芭蕉句碑

画像
                      長国寺全景

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長国寺 (岐阜県恵那市) 西行伝説 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる