お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉林寺 (愛知県豊川市) クスの木

<<   作成日時 : 2016/02/13 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊川の西岸、東名高速道豊川IC近くに、遠目にも目立つクスの木が
盛んな樹勢を緑濃くしているのが玉林寺である。
右から、左から、正面から眺めつくす。
推定樹齢は600年以上といわれ、20m以上の樹高に圧倒される。
玉林寺は1491年臨済宗のお寺として開創されたといわれている。
その後、豊川稲荷(妙厳寺)の末寺となって曹洞宗になっている。

(1)寺名:玉林寺(ぎょくりんじ) (2)住所:愛知県豊川市麻生田町松原26
(3)山号:常春山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:義三 (6)開創:1491年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)クス:市指定天然記念物 推定樹齢600年以上

画像
                        外観

画像
                      山門とクス

画像
                        山門

画像
                        クス

画像


画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

玉林寺 (愛知県豊川市) クスの木 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる