お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 栄林寺 (三重県名張市)

<<   作成日時 : 2016/02/01 09:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

栄林寺の開創は不詳であるが、当初念仏堂と呼ばれて名張市黒田の法然寺
末寺として存在していたといわれている。
天正伊賀の乱で法然寺は焼失したが、その後念仏堂は栄林寺となった。
法然寺を逆に末寺として大いに栄えたといわれている。
1711年には栄林寺から出火し名張大火となっている。
その後再建され、明治時代になって法然寺も廃寺となり、その寺宝を
管理している。
法然寺跡に小堂があり、そこに安置されている<法然上人供養塔>は
法然の分骨を祀っているといわれている。

栄林寺の境内には芭蕉の句碑や庚申堂がある。

(1)寺名:栄林寺(えいりんじ) (2)住所:三重県名張市本町204
(3)山号:揚柳山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)中興:1520年頃 浄誉 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本尊・阿弥陀三尊像:市指定文化財 1609年 中尊像高110cm
  阿弥陀如来立像(法然寺本尊):市指定文化財 藤原時代 像高70cm
2)法然寺供養塔:市指定文化財 1384年
3)芭蕉句碑:市人よ此傘の雪売ふ

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       芭蕉句碑

画像
                       庚申堂

画像
                     法然上人供養塔
                      <説明石板>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

栄林寺 (三重県名張市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる