お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光明院 (和歌山県高野町高野山)

<<   作成日時 : 2016/01/05 14:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊臣秀吉の重臣・蜂須賀小六(正勝)の嫡子・蜂須賀家政は、1600年の
関ヶ原の戦いにおいて石田三成の支援要請を断り、剃髪して高野山の
光明院に入った。
その後、徳川家康に仕え徳島藩祖として徳島発展の基礎を築いている。
こうしたことから、蜂須賀家と光明院は深い繋がりができ、蜂須賀家の
高野山菩提寺となっている。
徳島においては興源寺に墓所があり菩提寺となっている。

光明院は、1183年木曽義仲の襲来によって亡くなった円恵法親王
(後白河法皇の皇子)の菩提を弔うために創建された長史坊が
始まりで、1352年光明院となっている。

(1)寺名:光明院(こうみょういん) (2)住所:和歌山県高野町高野山493
(3)宗派:高野山真言宗 高野山子院 宿坊
(4)開山:行清 (5)開創:1183年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        玄関

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光明院 (和歌山県高野町高野山) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる