お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 一心寺 (岐阜県揖斐川町)

<<   作成日時 : 2015/12/03 09:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

揖斐川の東岸に緩やかな稜線の城台山(城ヶ峰)中腹に建つ一心寺は、
1830年播隆上人が開創し晩年居住したといわれるお寺である。
播隆上人は、1823年北アルプス・笠ヶ岳(2898m)に登り、翌年山頂に
仏像を安置し笠ヶ岳を再興している。
(笠ヶ岳の初登頂は円空上人といわれている。)
1828年槍ヶ岳(3180m)に初登頂し、槍ヶ岳を開き槍ヶ岳開祖と
呼ばれている。
また、播隆上人は円空上人を尊崇し、円空の彫った観音像を背負って
諸国を行脚したといわれている。
一心寺には円空仏観音菩薩立像が所蔵されている。

城台山山頂附近には、1343年築城といわれる揖斐城跡があり、
播隆の森など公園となっている。

(1)寺名:一心寺(いっしんじ) (2)住所:岐阜県揖斐川町三輪2924−2−2
(3)山号:城台山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:播隆上人 (6)開創:1830年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       城台山

画像
                     城台山案内図

画像
                        参道

画像


画像


画像
                       観音像

画像
                     揖斐川を望む

画像
                     西美濃を望む

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

一心寺 (岐阜県揖斐川町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる