お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 神光寺 (岐阜県関市)

<<   作成日時 : 2015/12/29 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

神光寺は719年泰澄大師によって開創されたと伝えられ、河内源氏の
2代目で源頼朝などの源氏の祖といわれている源頼義が、奥羽の前九年の役
(1051〜62年)で鎮守府将軍として派遣される途次に戦勝祈願をし、
勝利のお礼に伽藍を整備し、1057年天皇の勅願寺となり神光寺となったと
いわれている古刹である。
その歴史に相応しい寺宝がつたわり、文化財にもなっている。
また、円空仏4体も残されている。

(1)寺名:神光寺(じんこうじ) (2)住所:岐阜県関市下有知6329−1
(3)山号:今宮山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:泰澄大師 (6)開創:719年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)美濃三十三観音霊場第24番
2)十一面観音立像:市指定文化財 藤原時代 像高105cm
  地蔵菩薩坐像:市指定文化財 藤原時代
  円空仏4躯:市指定文化財 1677年頃
3)白山曼荼羅(画):市指定文化財 室町時代
  五大尊(画):市指定文化財 室町時代
4)大般若経:市指定文化財 南北朝時代

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                       仁王像

画像
                        本堂

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

神光寺 (岐阜県関市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる