お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 西来院 (静岡県浜松市中区) 築山御前の菩提寺

<<   作成日時 : 2015/12/26 10:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

築山御前は、1557年今川義元の人質として駿府にいた松平元信(徳川家康)と
結婚し(正室)、松平信康(家康の長男)と亀姫を産んでいる。
その後、家康は居城・岡崎城に戻ったが、築山御前は一緒に戻れず、幽閉同然
の形で尼寺で生活が続いた。
1579年何らかの理由により、家康の命で築山御前は殺害され、伝承では信長の
命で信康を自刃に追い込んでいる。
何らかの理由には諸説あるが、戦国時代の相争う図の中の悲劇かも。
この築山御前の廟が西来院にあるが、1977年再建されている。

西来院は1428年に開創されている。
本堂前の藤は<長藤>と呼ばれ、遠州三大藤名所に数えられている。
境内の樹林は浜松市の保存樹になっており、緑に囲まれた風景である。

(1)寺名:西来院(せいらいいん) (2)住所:静岡県浜松市中区広沢2−10−1
(3)山号:高松山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:月窓義運 (6)開創:1428年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)六地蔵:1700年頃 浜松最古の六地蔵

画像
                        参道

画像
                       六地蔵

画像


画像
                        本堂

画像
                        藤棚

画像


画像
                      築山御前廟

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

西来院 (静岡県浜松市中区) 築山御前の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる