お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 福満寺 (岐阜県岐阜市) 百日紅

<<   作成日時 : 2015/12/24 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

百日紅(サルスベリ)は中国南部原産の落葉樹で、夏に比較的長い間
紅色の花を咲かせることから<百日紅>と名付けられ、一方
幹の成長にともなって、古い樹皮が剥がれすべすべした感触の樹皮が
現れ、猿でも滑ることから<サルスベリ>と名付けられた。
福満寺の百日紅は、旧本堂が建立された1777年頃に植樹されたと
いわれ、推定樹齢は250年程と考えられている。

福満寺の開創については不詳である。

(1)寺名:福満寺(ふくまんじ) (2)住所:岐阜県岐阜市石谷478
(3)山号:願念山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)百日紅:市指定天然記念物 推定樹齢250年

画像
                     庫裡と百日紅

画像
                       百日紅

画像
                      本堂と鐘楼

画像
                        境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

福満寺 (岐阜県岐阜市) 百日紅 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる