お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮乗寺 (和歌山県和歌山市)

<<   作成日時 : 2015/12/16 09:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

戦国時代に鉄砲傭兵集団と呼ばれた雑賀衆を率いた雑賀孫市(鈴木孫一)
が自分の守り本尊・阿弥陀如来を安置したことから孫一道場と呼ばれたのが
蓮乗寺である。
境内本堂前には彼の墓と伝えられる五輪石塔がある。
雑賀孫市については不詳なところが多く、色々な伝承がある。
鈴木氏系統が孫一と称して、複数の人物が重なって語られているようだ。
しかし、雑賀衆の存在や孫市の活躍によって、織田信長や豊臣秀吉にとって
手ごわい存在であった。

(1)寺名:蓮乗寺(れんじょうじ) (2)住所:和歌山県和歌山市平井252
(3)山号:葛嶺山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:戦国時代 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        山門

画像
                     雑賀孫市の墓

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

蓮乗寺 (和歌山県和歌山市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる