お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙性寺 (京都府京丹後市大宮町) 小野小町伝説

<<   作成日時 : 2015/11/24 13:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京丹後市大宮町の五十河(いかが)集落は、江戸時代からの小野小町
終焉の地として小町伝説が伝承されている。
小町伝説は全国に数多くあるが、五十河の伝説は丹後の中でも有名な
伝説として位置付けられている。
小野小町辞世の歌と伝えられる
 <九重の花の都に住みはせてはかなや我は三重にかくるる>
の三重が、五十河の三重郷にあたるとか。
現在では、小町公園や小町温泉など施設が整備されている。
その小町を弔っているお寺が妙性寺であり、小野小町を開基としている。

実際は、妙性寺の開創は不詳である。

(1)寺名:妙性寺(みょうしょうじ) 
(2)住所:京都府京丹後市大宮町五十河1182
(3)山号:小野山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:小野小町 (6)開創:不詳 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                      五十河集落

画像
                       小町公園

画像
                       小町塚

画像
                       薬師堂

画像
                       妙性寺

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

妙性寺 (京都府京丹後市大宮町) 小野小町伝説 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる