お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 報恩寺 (岐阜県大垣市) 円空仏

<<   作成日時 : 2015/10/31 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

円空は1632年美濃に生まれ、出家して全国を巡る廻国僧として多数の
円空仏を刻み、1695年美濃関で亡くなっている。
現在、5300体以上の円空仏が残り、岐阜県には1000体程が残されている。
その中にあって、報恩寺の薬師三尊と十二神将像の15体は完形で残され、
貴重な資料となっている。

報恩寺は1558年薩摩の僧によって開創されたと伝えられている。
1657年再興され、大いに栄えたといわれている。
円空がいつ頃報恩寺に円空仏を残したのかは不詳である。
本堂前のモッコクの木は推定樹齢300年以上とも。

(1)寺名:報恩寺(ほうおんじ) (2)住所:岐阜県大垣市綾野町2720−1
(3)山号:補陀山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:一元 (6)開創:1558年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)円空仏15体:県指定文化財

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       モッコク

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

報恩寺 (岐阜県大垣市) 円空仏 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる