お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大宝寺 (長野県塩尻市奈良井)

<<   作成日時 : 2015/10/24 19:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中山道奈良井宿の真中にある大宝寺は、木曽義仲を祖とする木曽氏の一族
奈良井義高が奈良井地域を治めていた頃の1582年、自らの菩提寺として
開創したと伝えられている。
義高は武田氏に仕えていたが、木曽義昌によって殺害されている。

大宝寺を知らしめている<マリア地蔵>は、1932年の夏に近隣の村人
によって藪の中から掘り起こされ、抱かれる嬰児が手に持つ蓮華の先が
十字になっていることからマリア地蔵と呼ばれている。
本堂の裏庭は池泉庭園であるが、拝観できずに。

(1)寺名:大宝寺(だいほうじ) (2)住所:長野県塩尻市奈良井423
(3)山号:広伝山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:奈良井義高 (6)開創:1582年 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                       奈良井宿

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                      マリア地蔵

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大宝寺 (長野県塩尻市奈良井) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる