お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法華寺 (長野県諏訪市) 諏訪大社上社の神宮寺

<<   作成日時 : 2015/09/03 14:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

諏訪大社の創建は不詳であるが、日本最古類の神社といわれ、大社は
上社(諏訪市)と下社(下諏訪町)の2社から成っている。
それぞれに神宮寺が開創され、上社には大坊・上ノ坊・下ノ坊・法華寺が
あり、弘法大師空海が開創したともいわれているが、不詳である。
法華寺は天台宗のお寺であったが、鎌倉時代に臨済宗となっている。
明治時代に神仏分離によって、神宮寺は廃寺となったが、法華寺のみが
法灯を継いでいる。

1582年信長の軍勢は諏訪に侵入し、諏訪大社上社本宮を全焼させている。
その際、法華寺に本陣を置いている。
これにより、武田氏は滅び信長の天下が近づいたが、同年本能寺の変で
信長は亡くなっている。
この法華寺において、信長が明智光秀を厳しく諌めたのが本能寺の変の
遠因ともいわれている。

法華寺は上社本宮の裏山にあり、参拝者も多い。

(1)寺名:法華寺(ほっけじ) (2)住所:長野県諏訪市中洲神宮寺856
(3)山号:鷲峰山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:不詳 (6)中興:1243〜47年 蓮仏盛重
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)応安の板碑:市指定文化財 1369年
2)吉良義周墓:市指定史跡

画像
                  諏訪大社上社本宮鳥居

画像
                        本宮

画像
                      法華寺参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法華寺 (長野県諏訪市) 諏訪大社上社の神宮寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる