お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮徳寺 (三重県伊賀市)

<<   作成日時 : 2015/09/26 09:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

伊賀市南西部に位置する山あいの湯屋谷集落に、新しく整備された
蓮徳寺がある。
本尊薬師如来の脇侍・日光月光菩薩の2体は藤原時代の造立で、
国の重要文化財に指定されている。
また、境内に建つ十三重石塔は鎌倉時代末期の石塔で、
伊賀市の文化財に指定されている。
開創は延暦年間(782〜806年)と伝えられるが、詳細は不詳である。
史料によれば1100年代には存在していたと考えられている。

(1)寺名:蓮徳寺(れんとくじ) (2)住所:三重県伊賀市湯屋谷1001
(3)山号:梅母山 (4)宗派:真言宗豊山派
(5)開創:782〜806年 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)日光・月光菩薩立像:重要文化財 藤原時代 像高104cm
2)十三重石塔:市指定文化財 鎌倉時代末期 高さ370cm

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                      十三重石塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

蓮徳寺 (三重県伊賀市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる