お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長泉寺 (長野県塩尻市奈良井) お茶壺道中ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2015/08/03 14:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

徳川幕府第3代将軍・家光の1633年から幕末1867年まで、毎年1回
宇治茶を幕府に献上するために茶壺100個以上に宇治茶を詰め、
大名行列のように中山道〜甲州街道を運んでいる。
これを<お茶壺道中>と呼び、大名行列以上の優先度を設けたと
いわれる。
中山道の木曽路宿場・奈良井宿での宿泊処が長泉寺であった。
奈良井宿は中山道の中間に位置し、大いに栄えた宿場であったらしい。
現在も、1kmにおよぶ宿場風景が残され、多くの観光客で賑わっている。

長泉寺は1366年に開創されたと伝えられ、1568年再興され曹洞宗
の禅寺となっている。

(1)寺名:長泉寺(ちょうせんじ) (2)住所:長野県塩尻市奈良井365
(3)山号:玉龍山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:元章希本 (6)開創:1366年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
参考 奈良井宿:重要伝統的建造物群保存地区

画像
                       奈良井宿

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        庫裡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長泉寺 (長野県塩尻市奈良井) お茶壺道中ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる