お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 普光寺 (京都府福知山市天座) 大江山鬼退治伝説ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2015/08/27 09:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大江山鬼退治伝説には、3つの伝説が伝わっている。
 (1)第9代開化天皇の皇子・日子坐王による鬼退治
 (2)聖徳太子の弟・麻呂子親王による鬼退治
 (3)源頼光による鬼退治
平安時代中期、源頼光が5人の家来を伴い、大江山の南麓・天座の地に
着いて鬼退治の願をかけて大般若経を書写し、大蔵神社に奉納すると共に、
普光寺を建立したと伝えられている。
この大般若経といわれる般若経600巻が残され、普光寺が管理している。

天座(あまさ)集落の風景から鬼退治の源頼光を想像するのも面白い。

(1)寺名:普光寺(ふこうじ) (2)住所:京都府福知山市天座1034
(3)山号:大日山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:源頼光 (6)開創:1018年頃 (7)本尊:大日如来
(8)その他
参考  大般若経:市指定文化財 平安時代〜江戸時代 普光寺管理

画像
                       大江山

画像
                       天座集落

画像
                        遠景

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

普光寺 (京都府福知山市天座) 大江山鬼退治伝説ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる