お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長明寺 (三重県四日市市)

<<   作成日時 : 2015/08/25 13:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

旧東海道四日市宿の蒔田にある長明寺の開創は不詳であるが、当初
現在の川越町豊田にあったと伝えられている。
1651年領主・松平氏の帰依を受けて、現在地の蒔田城跡に移転している。
蒔田城は文治年間(1185〜90年)に蒔田宗勝が築城したといわれる
平城で、現在も水堀が長明寺の周囲に廻らされている。

お寺の風景はまさしく小さな城跡を想像させる。

(1)寺名:長明寺(ちょうみょうじ) (2)住所:三重県四日市市蒔田2−13−29
(3)山号:朝明山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        外観

画像
                        石橋

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長明寺 (三重県四日市市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる