お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 永覚寺 (福井県敦賀市) 天狗党ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2015/08/03 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1860年桜田門外の変など、水戸藩尊皇攘夷派(天狗党)は東国での
急先鋒として活動したが、1864年武田耕雲斎をリーダーとして筑波山で
挙兵したが、水戸藩保守派に敗れ、西国へと逃走する途次に、敦賀で
幕府側に捕えられ、残酷な拘束が行われた。
形ばかりの白州が設けられ尋問が行われたのが永覚寺である。
1865年天狗党828名の内、武田耕雲斎など352名が処刑されている。
明治時代になって、天狗党は名誉回復しているが、多くの人材を
失う結果になっている。

永覚寺の開創は不詳である。
山を背に建つお寺のイブキの木が幕末の白州を憶えているのだろうか。

(1)寺名:永覚寺(えいかくじ) (2)住所:福井県敦賀市金ヶ崎町2−31
(3)山号:龍華山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)中興:1574年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)イブキ:市指定天然記念物

画像
                        全景

画像
                     本堂とイブキ

画像
                       イブキ

画像


画像
                       参道前

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

永覚寺 (福井県敦賀市) 天狗党ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる