お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍泉院 (和歌山県高野町高野山) 西国四十九薬師霊場第10番

<<   作成日時 : 2015/06/18 10:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

西国四十九薬師霊場は1989年に開創された新しい霊場巡りで、
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、三重の7府県におよぶ
薬師霊場である。
高野山には、龍泉院と高室院が霊場札所になっている。
龍泉院は931年頃の開創と伝えられ、楠木正成や毛利元就などの
帰依を受けている。
本尊の薬師如来坐像は藤原時代末期の作で、重要文化財に
指定されている。

(1)寺名:龍泉院(りゅうせんいん) (2)住所:和歌山県高野町高野山647
(3)宗派:高野山真言宗 高野山子院 宿坊
(4)開山:真慶律師 (5)開創:931年頃 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)西国四十九薬師霊場第10番
2)本尊・薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代末
3)伝熊野曼荼羅図:重要文化財 鎌倉時代
4)弘法大師像(画):重要文化財 鎌倉時代

画像
                        総門

画像
                        山門

画像
                        境内

画像


画像
                        本堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

龍泉院 (和歌山県高野町高野山) 西国四十九薬師霊場第10番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる