お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍光寺 (滋賀県大津市仰木)

<<   作成日時 : 2015/05/04 15:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

比叡山系東麓の里山に建つ龍光寺の太鼓楼が目につく。
太鼓楼(鼓楼)は真宗系のお寺に多く見られ、太鼓楼の歴史には
真宗の迫害にあったといわれている。
中世、真宗が庶民の間に浸透するに及び、他宗派の迫害や武士集団
の破壊行為などに対して自治組織を組んで防備せざるをえず、その警報
装置的役割を果たしたといわれる。
その後、真宗系寺院の伽藍構成の一要素として建立されてきた。
龍光寺の太鼓楼は伽藍構成の一部で、時を告げる役割を果たしのであろう。

(1)寺名:龍光寺(りゅうこうじ) (2)住所:滋賀県大津市仰木5−3−1
(3)山号:岩谷山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開山:正仏房 (6)開創:1689年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        参道

画像
                       太鼓楼

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

龍光寺 (滋賀県大津市仰木) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる