お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 天真寺 (富山県黒部市) 松桜閣と庭園

<<   作成日時 : 2015/05/03 13:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

初代富山県知事・国重正文氏が1883〜88年在任中に住宅として
使用したのが松桜閣の始まりで、1891年西田豊二がそれを譲り受け、
現在地に移設して別荘としている。
それと同時に庭園を作庭している。
1931年曹洞宗尼僧・佐々木即妙が一部を譲り受け、本堂を建立し
大休庵としている。
1932年から2年かけて現在の庭園の原型を作っている。
1946年寺号を天真寺と改めている。

2008〜14年にかけて松桜閣・庭園の改修工事が行われ、今や
黒部市の名勝となっている。
松桜閣は楼閣風の書院茶室で、北陸の銀閣寺と呼ばれ、庭園は
琵琶湖を模した池を配した池泉回遊式庭園である。

(1)寺名:天真寺(てんしんじ) (2)住所:富山県黒部市舌山2774
(3)山号:大休山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:佐々木即妙 (6)開創:1931年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)松桜閣:市指定文化財 1883年
2)庭園:市指定名勝

画像
                        表門

画像
                       松桜閣

画像
                        庭園

画像


画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

天真寺 (富山県黒部市) 松桜閣と庭園 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる