お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東漸寺 (長野県塩尻市)

<<   作成日時 : 2015/05/20 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

源平盛衰記によれば、長瀬判官代義員は木曽義仲の従兄で、義仲とともに
平家追討をめざして京へ入ったが、1184年源頼朝との宇治川の合戦で
獅子奮迅の活躍したが敗れ、三条河原で斬首されている。
義員の子孫は、義員の菩提を弔う為に文永年間(1264〜75年)に西光寺
を開創したと伝えられている。
その西光寺が東漸寺の起源といわれている。
西光寺はその後廃れ、1400年代初頭に東漸寺として再興されている。

お寺の門前道路脇(旧境内地)に1本のシダレ桜の古木がある。
樹齢は不詳であるが、塩尻市では最古の桜ともいわれている。
樹勢は盛んで、桜の満開を想像したくなる。
境内にもシダレ桜があり、桜の時期には多くの花見客が訪れると
いわれている。

(1)寺名:東漸寺(とうぜんじ) (2)住所:長野県塩尻市洗馬上組2038
(3)山号:仏法山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:長瀬判官代 (6)開創:1264〜75年
(7)中興:1400年代初頭 経誉愚底 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)シダレ桜:市指定天然記念物
2)奥田信斎の陶芸作品13点:市指定文化財 明治時代初期

画像
                       シダレ桜

画像


画像
                        全景

画像
                        山門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東漸寺 (長野県塩尻市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる