お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝入寺 (鳥取県倉吉市)

<<   作成日時 : 2015/05/17 20:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

織田信長の重臣・池田恒興は本能寺の変後、豊臣秀吉に仕え、大いに
活躍したが、1584年小牧・長久手の戦いで戦死している。
その子・輝政は関ヶ原の戦いで家康について功績をあげ、1600年
姫路初代藩主となっている。
姫路に入ると、家老・伊木忠次は姫路に池田恒興の菩提を弔うために、
恒興の法号・勝入を号して勝入寺を開創している。
輝政の孫・光政(3代姫路藩主)が1617年鳥取藩主となると、伊木忠次
の孫・忠貞も鳥取藩の倉吉へ赴任している。
その時、勝入寺も倉吉へ移している。

池田恒興の菩提寺は他に3ヶ寺あり、高野山奥の院にも供養塔がある。

(1)寺名:勝入寺(しょうにゅうじ) (2)住所:鳥取県倉吉市仲ノ町746
(3)山号:護国山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:伊木忠次 (6)開創:1600年 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       地蔵堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

勝入寺 (鳥取県倉吉市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる