お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円頓寺 (京都府京丹後市久美浜町)

<<   作成日時 : 2015/05/08 11:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6世紀末の用明天皇の第3皇子であり、聖徳太子の異母弟でもある
麻呂子皇子(当麻皇子)が大江山の鬼退治を行い、七仏薬師を七ヶ寺に
祀ったという伝説が丹後や丹波に伝わっている。
丹後の七ヶ寺にも諸説があり、その内の一ヶ寺が円頓寺である。
久美浜町の山深い里に建つ円頓寺は麻呂子皇子によって開創され、
仁安年間(1166〜69年)に再興され、36坊をかかえる大寺といわれた。
文禄年間(1592〜96年)に火災で壊滅したが、大聖院と仁王門だけが
残り、この大聖院が円頓寺の法灯を引き継いで、現在の円頓寺となっている。

現在の仁王門が境内から離れて建っていることからも、往時の円頓寺の
広大な伽藍が想像できる。
典型的な里寺であり、お寺探索の醍醐味を味わう。

(1)寺名:円頓寺(えんどんじ) (2)住所:京都府京丹後市久美浜町円頓寺727
(3)山号:大治山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:麻呂子皇子 (6)開創:600年前後 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)本堂:市指定文化財 1660年城崎温泉・福聖院から移転
  仁王門:市指定文化財 1772年
2)本尊・薬師三尊像:重要文化財 藤原時代
3)熊野十二社権現懸仏:府指定文化財 鎌倉時代
4)銅経筒:府指定文化財 1170年
5)円頓寺惣門再興勧進状:府指定文化財 1501年

画像
                       仁王門

画像
                       仁王像

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                 薬師如来坐像(説明板写真)

画像
                      円頓寺集落

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円頓寺 (京都府京丹後市久美浜町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる