お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 高倉寺宝積院 (大阪府堺市南区)

<<   作成日時 : 2015/04/30 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

堺市泉北ニュータウン高倉台の住宅街に、一画だけ樹々に覆われた
丘陵があり、椎の木群が堺市保存樹林指定になっている。
705年行基が建立した49院の一つ大修恵院が、平安時代末期に
高倉天皇から勅で高倉寺となっている。
明治時代の廃仏毀釈で本坊と塔頭・宝積院が残り、宝積院が法灯を
継いでいる。
大阪泉南の真言宗では第一の名刹といわれている。
訪問時、金堂が修理中であったが、かっての大寺風景が想像できる
環境にある。

(1)寺名:高倉寺宝積院(たかくらじほうしゃくいん)
(2)住所:大阪府堺市南区高倉台2−9−15
(3)山号:大修恵山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:705年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)法起菩薩曼荼羅図:市指定文化財 15世紀
2)星曼荼羅図:府指定文化財 南北朝時代

画像
                        参道

画像
                      金堂修理中

画像
                      法起菩薩堂

画像
                       御影堂

画像
                       椎の木

画像
                       宝積院

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

高倉寺宝積院 (大阪府堺市南区) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる