お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳蓮寺 (三重県桑名市) 絵馬

<<   作成日時 : 2015/04/23 13:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

養老鉄道・下野代駅の裏手にある小高い丘に建つ徳蓮寺本堂に懸けられて
いる250点余の江戸時代からの絵馬が目につく。
その内、165点余りがナマズやウナギの絵馬で、地震除けを祈願して奉納
されたといわれている。
これも、かって徳蓮寺が2度の地震で崩壊したことにも由来するのだろう。

徳蓮寺は弘法大師空海によって開創され、虚空蔵菩薩を祀ったのが始まりと
伝えられ、<虚空蔵寺>、<こくぞっさん>などと呼ばれ信仰を集めている。
古には、大いに栄えたといわれている。

(1)寺名:徳蓮寺(とくれんじ) (2)住所:三重県桑名市多度町下野代3171
(3)山号:無畏野山 (4)宗派:真言宗東寺派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:820年 (7)本尊:虚空蔵菩薩
(8)その他
1)中尊寺経の一部:県指定文化財 藤原時代
2)小絵馬252点:県指定文化財 古い絵馬1687年

画像
                       裏参道

画像
                       表参道

画像
                        境内

画像


画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                        絵馬

画像
                       庚申像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

徳蓮寺 (三重県桑名市) 絵馬 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる