お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 守福寺 (岡山県岡山市北区下足守) <重文>石造宝殿

<<   作成日時 : 2015/03/23 09:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

龍王山(265m)南麓の木々に覆われた荒地に、壊れかけた堂宇と石鳥居と
石造宝殿が無造作に据え置かれている。
石造宝殿は1338年の銘があり、南北朝時代の建造である。
かっては、龍王山中腹にあった王子権現堂にあったが、一度盗難に遭い、
その後守福寺住職が買い戻して現在地に安置されたといわれている。
この時代の石造宝殿は珍しく、重要文化財に指定されている。

守福寺の開創については不詳であるが、足守藩家老・杉原氏の菩提寺
であったらしい。
現在は見る影もなく廃れている。

(1)寺名:守福寺(しゅふくじ) (2)住所:岡山県岡山市北区下足守305
(3)山号:宝戒山 (4)宗派:臨済宗東福寺派
(5)開創:不詳
(6)その他
1)石造宝殿:重要文化財 1338年

画像
                       石造宝殿

画像


画像


画像


画像
                        堂宇

画像
                     旧杉原氏屋敷

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

守福寺 (岡山県岡山市北区下足守) <重文>石造宝殿 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる