お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 満福寺 (岐阜県大垣市) 墨俣御坊

<<   作成日時 : 2015/03/16 08:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

史料的には明確ではないが、1566年木下藤吉郎(秀吉)が一夜で築いたと
伝承される墨俣城の跡地に近い墨俣宿寺町に建つ満福寺は墨俣御坊と
呼ばれた真宗の大寺であった。
満福寺の起源は986年天台宗として開創されたといわれ、1235年
熊谷直実蓮生房の猷子が親鸞聖人に帰依して満福寺として再興している
と伝えられている。
蓮生房は源平合戦の源氏側勇士として、また法然上人の弟子としても
活躍した僧である。

(1)寺名:満福寺(まんぷくじ) (2)住所:岐阜県大垣市墨俣町墨俣212
(3)山号:金足山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:986年 (6)中興:祐照 1235年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       墨俣城跡

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       熊谷堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

満福寺 (岐阜県大垣市) 墨俣御坊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる