お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 千光寺 (富山県魚津市)

<<   作成日時 : 2015/03/09 09:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

千光寺は、746年に開創されたと伝えられ、室町時代には16坊を抱える
大寺であったといわれている。
1570年上杉謙信が越中守護代・椎名氏を攻め、松倉城・魚津城の戦い
から魚津城主が千光寺へ逃げ込み、千光寺と13坊は焼失している。
その後は、残った3坊(光学坊、心蓮坊、蓮蔵坊)が千光寺の観音堂を
護持している。
観音堂本尊は金銅千手観音で鎌倉時代の作と考えられている。

(1)寺名:千光寺(せんこうじ) (2)住所:富山県魚津市小川寺2934
(3)山号:小川山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:746年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)金銅千手観音立像:県指定文化財 鎌倉時代 像高37cm
2)小川寺の獅子舞:県指定無形民俗文化財

画像
                        山門

画像
                       仁王像

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                      

画像
                       光学坊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

千光寺 (富山県魚津市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる