お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 永賞寺 (福井県敦賀市) 敦賀城主・大谷吉継の菩提寺

<<   作成日時 : 2015/02/25 13:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊臣秀吉の家臣・大谷吉継は1589年敦賀城主となり、敦賀の城下町整備など
敦賀の基礎を築いている。
1600年の関ヶ原の戦いにおいては、石田三成に与し敗れ自害している。
<義に篤い名将>として、秀吉や家康の信望は厚かったといわれ、敦賀に
おいても人望厚く敦賀史上も重要な人物である。
なお、吉継の娘が真田幸村の正室である。

永賞寺は1547年開創されたと伝えられ、1591年現在地に大谷吉継が
自らの菩提寺として再興している。
1609年に吉継の供養塔が建てられている。

(1)寺名:永賞寺(えいしょうじ) (2)住所:福井県敦賀市栄新町11−20
(3)山号:円通山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1547年 (6)中興:大谷吉継 1591年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)九重石塔(大谷吉継供養塔といわれる):市指定文化財 1609年

画像
                        全景

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

画像
                     大谷吉継供養塔

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

永賞寺 (福井県敦賀市) 敦賀城主・大谷吉継の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる