お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮華定院 (和歌山県高野町高野山) 真田家の菩提寺

<<   作成日時 : 2015/02/22 09:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長野県上田市真田地域を本拠とした豪族・真田氏といえば、真田三代
(真田幸隆・昌幸・幸村)が武勇の面からよく知られている。
1600年の関ヶ原の戦いでは、昌幸・幸村父子は西軍、幸村の兄・信之
は東軍と別れた戦いでもあった。
敗れた西軍の昌幸・幸村は信之などの嘆願で高野山蓮華定院蟄居を
命じられるが、高野山は女人禁制のため父子・妻子ともども山麓の
九度山に蟄居することになった。
蓮華定院は信濃佐久・上田などの豪族の支援を受けていたことなどから、
真田氏とも関係が深くなり、九度山への援助なども行われたといわれる。
蓮華定院の標石には<六連銭>の紋が浮彫されている。

蓮華定院は鎌倉時代に開創されたと伝えられる。
女人堂に近くケーブル駅に最も近い宿坊でもある。
2016年NHK大河ドラマ<真田丸>で蓮華定院の名も高まるであろう。

(1)寺名:蓮華定院(れんげじょういん) (2)住所:和歌山県高野町高野山700
(3)宗派:高野山真言宗 高野山子院 宿坊
(4)開山:行勝 (5)開創:鎌倉時代初期 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)剣 銘国広:重要文化財 桃山時代
2)白銅素文磬:県指定文化財 平安時代
3)真田信之の供養塔

画像
                   女人堂から蓮華定院へ

画像
                        標石

画像
                        山門

画像
                        玄関

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

蓮華定院 (和歌山県高野町高野山) 真田家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる