お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 中之坊寺 (愛知県常滑市) 知多四国霊場第66番

<<   作成日時 : 2015/01/04 09:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中之坊寺は、聖徳太子が開創したと伝えられた宮山金蓮寺(現在は廃寺)
の一山十二坊の一坊として、また大野城主の祈願所として天文年間(1532〜55年)
に開創されたと伝えられている。
1584年の兵火で金蓮寺一山が壊滅し、金蓮寺は廃寺となったが、1591年
中之坊寺は再興されている。
中之坊寺の寺宝は金蓮寺から伝えられたものである。

(1)寺名:中之坊寺(なかのぼうじ) (2)住所:愛知県常滑市金山屋敷25
(3)山号:八景山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開山:秀雅法印 (6)開創:1532〜55年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)仏涅槃図:重要文化財 中国元代1300年頃
2)両界曼荼羅:市指定文化財 1429年
  釈迦十六善神図:市指定文化財 1429年
  愛染明王図:市指定文化財 室町時代
  など5件が市指定文化財

画像
                        本堂

画像
                       弘法堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

中之坊寺 (愛知県常滑市) 知多四国霊場第66番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる