お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙円寺 (岡山県真庭市勝山)

<<   作成日時 : 2015/01/24 09:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

妙円寺は1360年高田城(勝山城)主・三浦貞宗の支援を受けて開創
されたと伝えられている。
1340年地頭に任じられた三浦貞宗は高田城(後の勝山城)を築城している。
その後様々な変遷を経て、1764年同族の三浦明次が勝山藩主となり、
勝山城として修築され、交通の要衝として城下町が整備されている。
現在の勝山にはその時の町並みが残っている。

妙円寺本堂は1745年再建されたといわれ、二重層の堂々とした構えは
県下でも珍しいといわれている。
近くには、日本の滝100選の一つ神庭の滝がある。

(1)寺名:妙円寺(みょうえんじ) (2)住所:岡山県真庭市勝山733
(3)山号:金原山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:大覚大僧正 (6)開基:三浦貞宗
(7)開創:1360年 (8)本尊:一塔両尊
(9)その他
1)本堂:市指定文化財 1745年
  番神堂:市指定文化財 1752年
2)鰐口:市指定文化財 1364年

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                      日蓮聖人像

画像
                        本堂

画像
                       番神堂

画像
                       神庭の滝

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

妙円寺 (岡山県真庭市勝山) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる