お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳賞寺 (福井県美浜町) 国吉城主・粟屋氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2015/01/12 13:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1561年越前朝倉氏は若狭に攻め入り若狭をほぼ制圧したが、美浜佐柿の
国吉城主・粟屋勝久は籠城して朝倉氏に抵抗を示している。
この国吉城籠城戦は戦国時代の中でもよく知られる戦で、6年間に及ぶ
籠城戦で織田信長との連携もあり、朝倉氏を撃退している。
粟屋氏はその後信長に仕え、1585年頃に亡くなったといわれている。
城山(197m)山頂にある国吉城跡は発掘調査され、その資料が
麓の若狭国吉城歴史資料館で展示されている。

徳賞寺は1563年城山山麓(資料館近く)に粟屋勝久によって開創され、
江戸時代中期に再興されている。
城山の木々に包まれた静寂が境内を覆っている。

(1)寺名:徳賞寺(とくしょうじ) (2)住所:福井県美浜町佐柿25−18
(3)山号:陽光山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:機山宗全 (6)開基:粟屋勝久
(7)開創:1563年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)参考
  国吉城跡:町指定史跡

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                   若狭国吉城歴史資料館

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

徳賞寺 (福井県美浜町) 国吉城主・粟屋氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる