お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 願證寺 (岐阜県垂井町) 平尾御坊

<<   作成日時 : 2014/12/03 09:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

美濃国分寺の西・垂井町平尾に広い境内を持つ願證寺を訪れて、真宗伽藍の
典型をこの地に見ることに驚いた。
織田信長と長島(桑名市長島町)信徒との長島一揆の拠点であった長島願證寺が
平尾御坊の始まりであったことも関心を呼ぶ。
長島願證寺は一揆によって壊滅したが、現在はその地に長島願證寺が再興されて
いる。
一方、一揆の後、長島願證寺の開創者・蓮淳の孫が平尾に移り、この地にあった
真徳寺を再興し開基となっている。
この真徳寺が1773年になって、願證寺と改名し平尾御坊と呼ばれた。
長島一揆の拠点・願證寺は現在、桑名市長島町、垂井町平尾、名古屋市、
松阪市にその法灯が継がれているといわれている。
真宗史上も願證寺は大きな位置を占めている。

(1)寺名:願證寺(がんしょうじ)<正式名:平尾御坊願證寺>
(2)住所:岐阜県垂井町平尾1
(3)宗派:浄土真宗東本願寺派(本山は東京・東本願寺)
(4)開基:蓮淳 (5)開創:1502年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)町指定文化財伽藍
  本堂:1760年  山門:1743年  鐘楼:1655年
2)菩提樹:町指定天然記念物

画像
                      山門と本堂

画像
                        境内

画像
                        鐘楼

画像
                       菩提樹

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

願證寺 (岐阜県垂井町) 平尾御坊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる