お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 天澤寺 (兵庫県猪名川町) 石燈籠

<<   作成日時 : 2014/11/07 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

730年行基が開創したと伝える<行基四十九院>の一つ楊津院が
天澤寺の始まりといわれている。
楊津院寺名の名残が近くにある楊津小学校に残っている。
1404年真言宗から浄土宗に改め、再興されている。
境内に安置されている石燈籠は1403年に造立されたもので、兵庫県
の文化財に指定されている。
単純明快な姿形とほとんど無傷の保存状態が資料として価値がある。

猪名川の山村集落であるが、江戸時代には大いに栄えたといわれている。
最近の話題では、裏山でヒメハルゼミが発見され、珍しいセミの保護に
向けて動きがある。

(1)寺名:天澤寺(てんたくじ) (2)住所:兵庫県猪名川町木津寺垣内8
(3)山号:龍祇山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:行基 (6)開創:730年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)石燈籠:県指定文化財 1403年

画像
                        外観

画像
                        参道

画像
                       石燈籠

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

天澤寺 (兵庫県猪名川町) 石燈籠 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる