お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 来迎寺 (福井県敦賀市) 水戸天狗党

<<   作成日時 : 2014/11/11 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代末期、尊皇攘夷の嵐が吹く中で、その先鋒の一つであった水戸藩
の天狗党は、1865年京へ西進の途次、越前で幕府軍の前に投降し、
リーダー・武田耕雲斎など353人が来迎寺で斬首されている。
この2年後には徳川幕府は崩壊し明治政府が誕生している。
明治時代になり、水戸天狗党の名誉も回復され、来迎寺の裏手に353名の
墓所が造られている。
天狗党411柱を祀る松原神社も近くにある。

来迎寺は1387年に開創され、16世紀末には敦賀城主・大谷吉継の
帰依を受け、関ヶ原の戦い前に来迎寺に預けたといわれる腰高障子が
残されている。
また、敦賀城の中門が来迎寺の山門として移されている。
来迎寺は敦賀においては大寺である。

(1)寺名:来迎寺(らいごうじ) (2)住所:福井県敦賀市松島町2−5−32
(3)山号:岡見山 (4)宗派:時宗
(5)開山:国阿 (6)開創:1387年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)腰高障子:県指定文化財 桃山時代
2)観音像(画):市指定文化財
3)参考
  武田耕雲斎等墓:国指定史跡

画像
                        外観

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                     武田耕雲斎墓所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

来迎寺 (福井県敦賀市) 水戸天狗党 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる