お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 諏訪善光寺 (長野県諏訪市)

<<   作成日時 : 2014/11/01 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

推古天皇の命により、552年百済から渡来した阿弥陀三尊像を飯田市に祀り、
元善光寺が開創され、その後諏訪に祀られ諏訪善光寺が開創され、長野市
へ最終的に祀られて信州善光寺が開創されたと伝えられている。
信州善光寺と元善光寺はよく知られ、お参りする人も多いが、諏訪善光寺は
取り残された感がある。

境内の高所からは諏訪湖や霧ヶ峰などをスッキリと眺望でき、信濃の
三善光寺巡りを。

(1)寺名:諏訪善光寺(すわぜんこうじ)<正式名:善光寺>
(2)住所:長野県諏訪市湖南4890−イ
(3)山号:松尾山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開基:本田善光 (6)開創:7世紀前半 (7)本尊:善光寺式阿弥陀如来
(8)その他
1)山門:市指定文化財 1826年
2)不動明王立像:市指定文化財 南北朝時代 像高174cm
  金剛力士立像2躯:市指定文化財 鎌倉時代
  毘沙門天立像:市指定文化財 南北朝時代 像高181cm

画像
                        眺望

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       瑠璃殿

画像
                       観音堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

諏訪善光寺 (長野県諏訪市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる