お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 一乗院 (和歌山県高野町高野山)

<<   作成日時 : 2014/10/26 09:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

金剛峯寺の東に隣接している一乗院は弘仁年間(810〜824年)に開創されたと
伝えられているが、詳細は不詳である。
一乗院宝物<観世音三十三尊像>奥書によると、上杉景勝家老であり、NHK
大河ドラマの主人公であった直江兼続夫妻ともゆかりがあり、奥の院には
直江夫妻の墓もある。
江戸時代には公卿・九条家の菩提寺にもなっている。

宿坊としても人気のある高野山子院である。

(1)寺名:一乗院(いちじょういん) (2)住所:和歌山県高野町高野山606
(3)宗派:高野山真言宗 高野山子院
(4)開山:善化 (5)開創:810〜824年 (7)本尊:弥勒菩薩

画像
                        山門

画像
                        境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

一乗院 (和歌山県高野町高野山) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる