お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 普賢寺 (岐阜県多治見市)

<<   作成日時 : 2014/10/15 09:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

石燈籠の建ち並ぶ参道を抜けると、小川のような大沢川に出る。
この大沢川はホタルの名所といわれ、多くの人出があるといわれている。
川に架かるベンガラの橋を渡ると鐘楼門の前に出る。
そこが普賢寺である。
普賢寺は1672年に開創された禅寺で、徳川幕府の旗本・林丹波守の
菩提寺でもある。
丹波守の領地が多治見大原郷であったこともあるのだろう。

境内は整備され、多治見市名木にも選定されているタラヨウの木、本堂前の
シダレ桜などが変化を与えている。

(1)寺名:普賢寺(ふげんじ) (2)住所:岐阜県多治見市大原町9−32
(3)山号:象王山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:了然玄超 (6)開創:1672年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)釈迦如来坐像:市指定文化財 像高82cm
2)円空仏:市指定文化財 江戸時代前期 像高40cm
3)涅槃図:市指定文化財 1702年

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        全景

画像
                       大沢川

画像
                        本堂

画像
                       タラヨウ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

普賢寺 (岐阜県多治見市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる