お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 海音寺 (愛知県常滑市) 

<<   作成日時 : 2014/07/08 09:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

織田信長の三男・信孝は1583年柴田勝家と共に賤ヶ岳の戦いで秀吉に
敗れ、美浜町の大御堂寺で自害している。
<信長公記>の著者で信長の家臣であった太田牛一は海音寺で密葬を
営み、信孝の木像を海音寺に祀っている。
その木像は後の火災で焼失したといわれている。
現在は信孝の位牌が祀られている。
信孝の墓所は大御堂寺の塔頭・安養院にあり、首塚は三重県亀山市福蔵寺に
ある。

海音寺は1320年に開創された禅寺の古刹であり、現在も広大な境内に
伽藍が整備されている。
大野海岸に接して潮音が寺名にも表現されている。

(1)寺名:海音寺(かいおんじ) (2)住所:愛知県常滑市大野町3−11
(3)山号:福聚山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)勧請開山:雪村友梅 (6)開基:雪庭玄白
(7)開創:1320年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)鰐口:市指定文化財 桃山時代

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       薬師堂

画像
                       大野海岸

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

海音寺 (愛知県常滑市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる