お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 珊瑚寺 (和歌山県和歌山市) 

<<   作成日時 : 2014/06/25 08:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1585年秀吉の紀州征伐後、豊臣秀長が和歌山城を築城し、その城代として
秀長の家老となった桑山重晴が入り、三五寺というお寺を現在地に移し、
桑山氏の菩提寺として珊瑚寺を開創したといわれている。
桑山重晴は1596年まで城代を勤め、和歌山の整備に貢献している。

珊瑚寺は安産祈願のお寺としても信仰を集めている。

(1)寺名:珊瑚寺(さんごじ) (2)住所:和歌山県和歌山市鷹匠町1−7−1
(3)山号:仙境山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)再興:桑山重晴 1585年 (7)本尊:聖観音

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       観音像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

珊瑚寺 (和歌山県和歌山市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる