お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 全忠寺 (愛知県美浜町) 

<<   作成日時 : 2014/06/20 10:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

美浜の河和城は1470年頃までに戸田宗光(後の田原城主)が築いたと
いわれているが、実質的には2代目の戸田憲光(法名:信渓全忠)が今川義元
の命により河和城を拠点として九鬼水軍を監視したと言われている。
憲光は1534年戸田家の菩提寺として全忠寺を開創している。
4代目の戸田守光は秀吉の小田原城攻めで討ち死にしたことから、
河和城下が不穏になり、村人によって河和城は崩壊したといわれている。

全忠寺は高台にあって広い境内に伽藍が整備されている。

(1)寺名:全忠寺(ぜんちゅうじ) (2)住所:愛知県美浜町河和古屋敷60−1
(3)山号:信渓山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:戸田憲光 (6)開創:1534年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)南知多三十三観音霊場第3番 千手観音
2)宝篋印塔:町指定文化財 16世紀

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       境内から

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

全忠寺 (愛知県美浜町)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる