お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽寺 (京都府綾部市) 花木の彩り

<<   作成日時 : 2014/06/17 08:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小高い山の麓に階段状に展開する境内に植生された花木の香が充ちて
いる極楽寺は、その寺名の如く極楽世界を描こうと植栽に努力されている。
下段には水車のある休憩場、中段には大賀ハスの蓮池、上段には本堂と
バランス良く配置されている。
大賀ハスの生育も京都では少なく、7月の季節にはハスを目当てに訪れる
人も多かろう。

極楽寺は安国寺15代住職朗室和尚によって開創されたといわれるが、
開創年は不詳である。

(1)寺名:極楽寺(ごくらくじ) (2)住所:京都府綾部市白道路町鎌倉田34
(3)山号:東谷山 (4)宗派:臨済宗東福寺派
(5)開山:朗室 (6)開創:不詳 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)阿弥陀如来立像:市指定文化財 藤原時代 像高95cm

画像
                        全景

画像


画像
                       境内上段

画像
                        本堂

画像
                      5月の蓮池

画像
                       境内下段

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

極楽寺 (京都府綾部市) 花木の彩り お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる