お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 称名寺 (和歌山県有田市) 

<<   作成日時 : 2014/05/28 09:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

阿弥陀二十五菩薩来迎図は多くの例が見られるが、彫刻の阿弥陀二十五菩薩像
は珍しいといえよう。
来迎二十五菩薩像(彫刻)でよく知られるものは、泉涌寺即成院の坐像、
當麻寺奥院の立像などがある。
称名寺の来迎二十五菩薩立像は、本尊・阿弥陀如来立像の左右に天井から
吊るされた様式で配置されている。

称名寺は1375年保田城主・貴志氏の菩提寺として開創されている。

(1)寺名:称名寺(しょうみょうじ) (2)住所:和歌山県有田市辻堂585
(3)山号:護念山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:1375年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)来迎二十五菩薩立像:市指定文化財 江戸時代後期
2)本堂:市指定文化財 1813年
3)宝篋印塔:市指定文化財 南北朝時代

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                   来迎二十五菩薩立像

画像
                       宝篋印塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

称名寺 (和歌山県有田市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる